本・コミックや物流改善のための包装機器メーカー

ビジョン~拡がるダイワハイテックスの市場~

株式会社ダイワハイテックス > 選ばれる理由 > ビジョン~拡がるダイワハイテックスの市場~

ダイワハイテックス市場の拡大

コミックシュリンカーで書店市場を開拓したダイワハイテックスは、書店・セキュリティ関連製品など新たなサービスを提案することで市場拡大を図ってきました。

さらには物流業界、コンビニなど事業領域を拡げることでさらなる市場拡大を目指しています。
ダイワハイテックス市場の拡大

■ ”コミックシュリンカー”とダイワハイテックス

 

ダイワハイテックスは、自社開発のオリジナル製品にこだわる包装機器メーカーとして1978年に設立されました。

 

創業以来、数多くの製品をお客様にお届けしてまいりましたが、なかでも当社を代表する製品となったのが、

コミック包装機「コミックシュリンカー」です。
「コミックシュリンカー」は、今までになかった”コミックの包装”という新しい市場を開拓することに成功。

 

その後も、お客様のニーズや市場の変化にあわせて製品を開発し、店舗支援事業の主力製品となりました。

現在、コミックシュリンカーシリーズは国内書店約5,000店舗以上導入されており、

市場シェア90%以上という圧倒的な支持を得るに至っています。

 

”コミックシュリンカー”とダイワハイテックス

▲2019年発売 LUNA40

ー 進化している”コミックシュリンカー”

”コミックシュリンカー”とダイワハイテックス

■ 実店舗向け、包装機械・防犯システム・販促アイテムの開発

コミックシュリンカーで書店市場を開拓したダイワハイテックスは、さらなる製品の高い品質を追求するとともに、
実店舗を持つ業界に向けて製品・サービスを展開しています。

書店では、シュリンカーをはじめとする梱包機のほか、書店で使用する防犯システム、 販促アイテムなどのサービスを提案。
近年では、ラッピングにまつわる製品を開発し、導入店舗が増えています。

コンビニでは、書籍のテープ留め機や防犯システムを提案。
書店業界て培ったノウハウを生かし、適した場所に適した性能の防犯システムを選定・施工・アフターサポートをしています。

これからも、お客様のニーズにあわせて取り扱う製品ジャンルの拡大を図っていきます。

ー 主な製品・システム

自動バブルシート包装ライン
防犯システム
万引きを未然に防ぐをテーマに、防犯カメラ・防犯ゲートなどを取り扱う。提案~アフターサポートまで一貫して行う。
自動シュリンク包装ライン
テープショット
雑誌の小口をテープで留める機械。週刊誌の他、付録つきの雑誌のゴムかけや紐掛けに替わる新しい包装形態。
ブッカー君
透明ブックカバー”ブッカー君”は、書店で販売する商材。一般消費者に購入いただくことで、書店の売り上げにつながる。
らくるみ
時間のかかるラッピング包装を、時短かつ均一な仕上がりを実現する、ラッピング商品。
販促ツール
簡単にフィルムをはがすツールや、売り場のディスプレイ用品や販促シールなど、売り場作りに必要なアイテム。

■ 急成長する市場での活躍を目指して

ダイワハイテックスは、オリジナル製品を創り出すとともに、自社開発だからなし得るクオリティの高い

アフターサポートサービスまでを含め、お客様のニーズに応えてまいりました。

あらゆる局面を想定して常に変化に対応できる集団をめざすダイワハイテックスでは、自社の持つ商品や市場を見極め、

私たちの力量にあった適正規模を追求しながらも、事業領域をさらに広げていきます。

現在では、通信販売を行っている企業、発送業務を行っている物流業界へも参入し、
市場変化の激しい環境下で技術力を高め続けております


これからもお客様から必要とされる企業、社員、商品をめざし、品質と独自性にこだわったオリジナル製品を提供し続けてまいります。

ー 主な製品・システム

自動バブルシート包装ライン
自動バブルシート包装
DVDやゲームソフト、PC製品など小物商品の自動梱包、自動ラベル貼付けを実現するバブルシート包装機。
自動シュリンク包装ライン
自動シュリンク包装
シュリンクフィルムで包まれた非包装物を加熱して、その形状に密着させて包装。
自動ラベル貼り付け
自動ラベル貼り付け
物品の仕分けや梱包をスムーズするために、ラベル貼付けを行う。
自動ダンボール箱梱包ライン
自動ダンボール箱梱包
物品の状態を保護するためにダンボール梱包を行う。
自動仕分けライン
自動仕分け
商品の高さや伝票などを高さ検知センサーや画像センサーで自動判別し、コンベアに振り分ける。

ダイワハイッテクスが選ばれる3つの理由